読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|『シン・ゴジラ』人気とネットユーザー

2016年の夏に公開された『シン・ゴジラ』のブルーレイ&DVDが先ごろ発売になった。筆者は都合3回全編を見たが、ここで描かれたのは終始一貫して政府・官僚が通水管未曾有の災害を前にして、法制やさまざまな手続きに則りつつ、いかに対処していくのかということだった。まさにキャッチコピーにある「現実対虚構」にある通りだ。こ通水管までの『ゴジラ』のように特別な対怪獣兵器は登場せずに、現実にあるものをいかに活用して戦っていくのか、それを矢口蘭堂を長とする巨大不明生物特設災害対策本部(通水管巨災対)の面々が編み出していく過程に焦点が当てられており、それが環境省自然環境局野生生物課長補佐の尾頭ヒロミや保守第一党政調副会長の泉修一らの人気に繋がっ通水管といえるだろう。ここで注目されるのは、野党勢力や政府の対応への不満を持つ市民たちがほぼ描かれなかったことだ。「現実」ならば野党幹部クラスが会談を申通水管込むなり臨時国会の招集を要求するなりしただろうし、ゴジラの存在にまごつく政府に対してデモ(最悪の場合は暴動)が起きることも考えられる。そういった政治的な混通水管乱は敢えて「ない」ものとして、政府首脳や官僚たちにスポットライトを当てて、しかもそれが人気を博したということをどのように捉えるべきなのか。いきなり通水管実世界に話を進めると、森友学園や共謀罪等のネガティブ要素があるにしても、安倍晋三内閣や自民党へのネットユーザーの支持率は堅牢だ。『ニコニコ動画』が2017通水管年3月22日に実施した『月例ネット世論調査』によると、安倍内閣の支持率は55.1%。前回より3ポイントしか落ちておらず、とりわけ30代では58.5%と高い通水管自民党の支持率は43.9%。これに対して、民進党は1.6%。共産党は2.4%。日本維新の会は2.8%。控えめに言って、自民一強という様相になっている。