通水管|兵庫・姫路のこども園、定員の2倍預かり

兵庫県姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」の不適切保育問題で、同園が正規の園児に加え、市に隠し通水管て直接契約したり、不正に一時保育を行ったりして、1日当たり最大約80人の園児を預かっていたことが26日、通水管市などへの取材で分かった。定員の2倍近くを少ない保育士で預かっており、市は粗悪な保育環境が常態化していた通水管とみている。遅刻は2日間の無給勤務などが記された“裏雇用契約書” 市などによると、同園は通水管規の園児46人のほか、保護者と直接契約した22人を保育。人数より少ない給食を提供し、保育士数を実際よりも通水管多く報告するなどしていた。 既に定員超過の状態だったが、不正に一時保育も実施。必要な保育士数を確通水管保せずに、最大で1日15人ほどを預かっていたという。 市には一時保育専用の部屋があると虚偽の届け通水管を提出。一部の園児はほぼ毎日預かっており、市は2月の特別監査後に中止させた。 国の基準は、保育士通水管1人が担える0歳児は3人までと規定しているが、同園のある保育士は「0歳児だけで10人を一時預かり、1人で通水管見ることが日常的にあった」と証言。「人手が足りない中でプレッシャーに押しつぶされそうだった」と話した。