読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|籠池氏の偽証罪での告発

自民党の下村博文幹事長代行は26日、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地通水管払い下げ問題に絡み、衆参両院で証人喚問を受けた学園の籠池泰典氏について、議院通水管言法に基づく偽証罪で告発するのは困難との認識を示した。 下村氏は都内通水管記者団に対し「(籠池氏は喚問で)偽証罪に問われるべき発言が多々あった」と指摘通水管した。ただ、国会の告発は喚問を実施した委員会の全会一致が慣例となっている過去通水管踏まえ、「(追及を強める)野党の状況をみていると難しい」と述べた。 通水管時に「司直の手によって対処するということも懸案として出てくるのではないか」と通水管述べた。 野党が求める安倍晋三首相の昭恵夫人の証人喚問には応じない考通水管を示した。 森友学園の一連の問題が早期の衆院解散・総選挙に発展する可通水管性については「あり得ないでしょ。『信を問う』という話ではない」と否定した。