通水管|栃木のスキー場雪崩、死亡した8人の死因は圧死

栃木県那須町のスキー場で起きた雪崩で、警察は死亡した8人の氏名を公表しました。死因は全員が圧死でした。通水管 亡くなったのは、県立大田原高校に通う、高瀬淳生さん(16)、浅井譲さん(17)、佐藤宏祐さん(16)、奥公輝通水管ん(16)、萩原秀知さん(16)、大金実さん(17)、鏑木悠輔さん(17)、そして引率していた教諭の毛塚優甫さ通水管(29)のあわせて8人です。 8人は27日午前、那須町にある「那須温泉ファミリースキー場」で登山の講習通水管会に参加していましたが、「ラッセル訓練」という1列になって雪をかき分けて進む訓練中に雪崩に巻き込まれたというこ通水管です。死因は全員が圧死でした。また、同じ講習会に参加していた40人が重軽傷を負いました。 「急だったの通水管、ちょっとよく分からないです」(高瀬淳生さんの兄)(言葉にならない?) 「まだ全然分からない」通水管 「(雪の深さは)1メートルから1メートル50くらい。意識のあった生徒は返事もできていて、まず(山から)下ろそ通水管と」(救助活動にあたった 植木孝さん)(意識のない生徒は?) 「呼びかけるしかない」 警察は、通水管天候の中、訓練を続行した判断などに過失があった可能性があるとみて、業務上過失致死傷の疑いで捜査を始めました。