読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|涙浮かべ「真面目な子」

栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場の雪崩に巻き込まれて亡通水管くなった県立大田原高校1年、佐藤宏祐さん(16)=同県大田原市通水管原=の父親(48)は28日未明、家族のすすり泣く声が漏れる自宅通水管前で取材に応じ、「何でも一生懸命真面目にやる子。後輩にも慕われ通水管いた」と言葉を詰まらせた。  父親によると、27日通水管雪崩現場にいた教員からの連絡でスキー場に急いだ。宏祐さんは既に通水管無言のまま帰宅したという。 同校などが参加した県高校体通水管連盟の春山登山講習初日の25日朝、学校まで車で送ったのが、元気通水管な姿を見た最後になった。目に涙を浮かべた父親は、この時に息子と通水管わした言葉が思い出せないといい、「それがつらい」と語った。