読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|京都府立医大事件、武田病院医師ら3人逮捕

京都府立医科大付属病院(京都市上京区)が暴力団組長の収監見送りを巡り、検察庁に虚偽の病状を記した回答書を提出したとされる事件で、京都府警通水管捜査2課などが27日夜、虚偽診断書等作成の疑いで、康生会・武田病院(下京区)の医師で不整脈治療センター所長の男(61)=左京区吉田河原町通水管ら3人を逮捕した。 他に逮捕されたのは、同病院の職員だった男(45)=大津市=と、会津小鉄会系組員の男(48)=宇治市=。組員は、指通水管定暴力団山口組系淡海一家(大津市)総長の高山義友希受刑者(60)の実父が組長だった会津小鉄会系中川組に所属し、高山受刑者ともつながりがあ通水管たという。 逮捕容疑は、3人は共謀し、2016年2月、高山受刑者の病状について、刑務所収監により不整脈が重篤化する恐れがあるなどと虚通水管偽の文書を作成し、大阪高検に提出した疑い。 武田病院の医師は2月下旬、京都新聞社の取材に対し「医師として普通のことをやっただけ」と話通水管ていた。 高山受刑者は公判中だった12年5月に保釈され、武田病院で不整脈や腎臓病の治療を受けていた。14年7月に同病院を通じ、協力関通水管係にある府立医科大付属病院で、生体腎移植手術を受けた。懲役8年の実刑が確定していたが、16年2月に刑の執行が停止され、今年2月まで収監が通水管合わされていた。 両病院から検察側に提出された高山受刑者の病状を記した回答書は、いずれも容体の重篤さが強調されていた。府警は2月、回通水管答書の内容が虚偽の疑いがあるとして、虚偽公文書作成などの疑いで、府立医科大付属病院と武田病院を家宅捜索し、関係者らの聴取を進めていた。