通水管|てるみくらぶ「出国した人は自力で対処を」

海外ツアーの航空券が発券できなくなるなどのトラブルが相次いでいる旅行会社「てるみくらぶ」が27日、東京地裁に破産を申請し、認められた。負債額は151億円にのぼり、最大9万人となる旅行通水管者へのツアー代金の全額返済は厳しい見通しだ。■「てるみくらぶ」が破産手続き 27日、旅行会社「てるみくらぶ」の山田社長が資金繰りの悪化から事業の継続を断念し、東京通水管裁から破産手続きの開始決定を受けたことを明らかにした。先週24日から、主催するツアーの航空券が発券できなくなったり、ホテルが予約できていなかったりするトラブルが相次いでいた「てるみく通水管ぶ」。 「てるみくらぶ」の韓国・釜山へのツアーに参加し、27日、帰国した女性は「ホテルの部屋はキャンセルされていました」と話す。現地に着いたところ「てるみくらぶ」の予約を代行通水管ていた韓国の旅行会社はホテルをキャンセルしていたという。「自分たちは『てるみくらぶ』からのお金をもらっていないから、それは(予約)はできないということで」女性は改めて宿泊費を払って泊通水管ったという。 なぜ、このような事態になってしまったのだろうか。山田社長は「一昨年の春から、新聞広告を打ち出しまして、一言で言うと媒体コストがかかりすぎ、経費のかかりすぎという通水管とで、それが一番の要因だと思っております」と説明、新聞広告が経営を圧迫し、15年の春ごろから経営状態が悪化したという。 そして先週23日、航空券の発券に必要となる国際航空運送通水管会(=IATA)への支払日に、支払い額、約4億円が用意できず破産申請に至ったという。しかし、私たちの取材で、それ以前に異変がみられていたことがわかった。■結婚50周年記念通水管旅行が… 結婚50周年の記念に、「てるみくらぶ」で5月発のオーストリアへのペアツアーを申し込んだという男性は「(予約したのは)1か月前だから、2月のこのあたり」「ところが向こ通水管(「てるみくらぶ」)から電話がかかってきまして」「本来はカードで払うのが手続きのようなんですけれども、カードがちょっと落ちなかったようなんです。それで『早急にお金を払って下さい』と