読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|初の「米艦防護」実施へ、夏までに日米訓練で

日米両政府は、自衛隊の艦艇が平時に米軍の艦船を守る「米艦防護」を今夏までに初めて実施する方向で通水管調整に入った。 安全保障関連法で可能となったもので、日米共同訓練の中で行う。日米の連携通水管強化をアピールし、核・ミサイル開発を進める北朝鮮や海洋進出を強める中国に対する抑止力を高める狙通水管いがある。安保関連法は29日、施行から1年を迎える。 政府関係者によると、今春から夏に通水管けて海自が米海軍と行う共同訓練で、平時の米艦防護の初実施を想定している。米軍からの要請を受けた通水管後、国家安全保障会議(NSC)で審議した上で、稲田防衛相が実施を判断する。 安保関連法通水管では、平時に艦船や航空機が攻撃された場合、自衛隊が自らの装備の破壊を回避するために反撃できる「通水管器等防護」の規定が拡大され、日本防衛のために活動している米軍など他国軍が対象となった。これによ通水管り、米軍の艦船が突如攻撃された際、近くにいる自衛隊が反撃することができないという矛盾は法的に解通水管消された。政府は「武器等防護」の運用指針を昨年12月のNSCで決定したが、まだ実施例はない。