読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|東芝巨額損失 WH破産法申請きょう承認へ

東芝の巨額損失の原因となったアメリカの原発子会社は、現地時間の28日に、通水管連邦破産法11条の適用を申請する方針を固めた。東芝は29日、臨時取締役会通水管を開き、申請決定を承認する。東芝のアメリカ原発子会社、ウエスチングハ通水管ウスは、アメリカの原発事業でのさらなる損失拡大を防ぐため、日本の民事再生通水管法にあたる連邦破産法11条の適用を、現地時間の28日に申請する方針を固め通水管た。東芝は29日午前、臨時取締役会を開き、破産法の申請を承認し、海外通水管の原発事業からの撤退を進める。また、損失を補うために、売却する半導体通水管事業の1次入札が29日に締め切られるが、共同での出資案が浮上していた政府通水管系の日本政策投資銀行と、官民で作っている産業革新機構は、入札に参加しない通水管方針。入札状況を見たうえで、今後の出資を検討するものとみられている