通水管|日本コロムビアを完全子会社化=音楽市場の激変に対応―フェイス

音楽配信などを手がけるフェイスは28日、株式の過通水管半を保有する東証1部上場の日本コロムビアを、株式通水管換により完全子会社化すると発表した。日本コロムビ通水管株1に対し、フェイス株0.59を割り当てる。株式通水管換は6月の両社株主総会を経て行われ、1949年上通水管の日本コロムビア株は7月27日に上場廃止となる。通水管 経営を一元化し、両社の持つ技術やコンテ通水管ツを効率的に活用する。東京都内で会見したフェイス通水管平沢創社長は「激変する市場環境に対応し、音楽事業通水管新たなビジネスモデルに挑戦したい」と述べた。