通水管|講師3人、危険予想せず

 

栃木県那須町のスキー場付近で高校生ら8人が死亡した雪崩事故で、登山講習会の講師役として引率した教諭3通水管人が全員、雪をかき分けて道を作りながら進むラッセル訓練について、雪崩の発生を予想していなかったことが通水管30日までに分かった。 責任者だった男性教諭は「雪の上を歩かせたかった」と述べており、経験に通水管る慢心が惨事を招いた可能性もある。 県警は業務上過失致死傷容疑も視野に、教諭ら関係者から事情通水管を聴くなどして、判断に問題がなかったか調べている。 犠牲者が出た県立大田原高校の山岳部顧問で通水管講習会の責任者だった猪瀬修一教諭(50)は29日の記者会見で、雪崩のあった日は雪が降っていたため、当通水管初予定していた登山を断念したと説明。一方、積もった雪が30センチ程度しかなく、風もほとんどなかったた通水管め、「ラッセル訓練には向いていると判断した」と述べた。 猪瀬教諭は麓の旅館に設置した本部に詰通水管ており、詳しい状況は分からなかったが、現場にいた教諭2人の意見を信頼し、予定変更を決定。2人とも登山通水管歴25年以上のベテランだが、雪崩の危険には触れず、自身も「絶対安全だと思っていた」と振り返った。