読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|経営破綻のてるみくらぶ 3年前から粉飾決算

経営破綻した旅行会社「てるみくらぶ」が少なくとも3年前から粉飾決算通水管を繰り返していたことが分かりました。決算書は目的別に複数、作成され通水管いたということです。 破産手続開始申立書によりますと、てる通水管くらぶは2014年9月期にはすでに大幅な赤字だったとみられますが、通水管空券の仕入れや営業にかかった費用を少なく計上することで、決算書では通水管字を装っていたということです。また、最後の決算となった2016年9通水管期には、決算書のうえでは1億1000万円の営業黒字となっていますが通水管実際には15億円以上の赤字に陥っていたとみられます。さらに、関係者通水管よりますと、融資を受ける銀行や旅行業の更新登録をする観光庁など、提通水管先によって内容の異なる複数の決算書を作成していたということです。