通水管|三ノ宮駅の暴走事故、被告に有罪判決

神戸市中央区のJR三ノ宮駅前で昨年5月、乗用車を運転中にてんかんの発作で意識を失い、歩行者5人をはねて重通水管軽傷を負わせたとして、自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致傷)の罪に問われた無職沢井国一被告(64)=同通水管区=の判決が29日、神戸地裁であった。佐茂剛裁判長は「繁華街の中心部で多数の命を脅かした」と述べ、懲役3通水管年、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役4年)を言い渡した。 沢井被告は事故後、神戸地検の鑑定で、通水管てんかんの持病があると初めて診断された。公判では、運転中に意識障害に陥る恐れを事故前から認識していたかど通水管うかが争われた。 弁護側は主治医からてんかんの指摘はなく、「素人の被告が認識するのは無理」と無罪通水管を主張。判決は、沢井被告が2014~15年に3回の交通事故を起こしていたことから「正常な運転に支障がある通水管ような心身の問題を抱えていると疑うのが通常」と述べ、事故前に危険性を認識できたと判断した。 事故通水管は昨年5月3日午前11時すぎ、三ノ宮駅北側のロータリー付近で発生。判決によると、沢井被告は運転中にてんか通水管んの発作で意識を失い、車を暴走させて歩道上にいた5人をはね、うち3人に半年から1カ月の重傷を負わせた。