通水管|「敵基地攻撃」早期検討を

自民党は29日、党安全保障調査会などの合同部会で、敵のミサイル基地を攻通水管撃する「敵基地攻撃能力」保有の検討を急ぐよう政府に求める提言をまとめた通水管。 北朝鮮による弾道ミサイルへの対処能力を強化するため、米最新通水管鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」など新規装通水管備品の導入に向けた検討も促している。30日に安倍晋三首相に手渡す。通水管 提言は、党安保調査会の下に設置した検討チーム(座長・小野寺五典元通水管防衛相)が中心となってまとめた。核・ミサイル開発を進める北朝鮮について通水管「新たな段階の脅威に突入した」と指摘。専守防衛を逸脱しない立場から「敵通水管基地攻撃能力」の用語は避け、「巡航ミサイルをはじめ、わが国としての『敵通水管基地反撃能力』を保有すべく、直ちに検討を開始する」よう政府に求めた。