読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|森友学園運営の幼稚園に立ち入り調査

大阪府教育庁は31日午前、学校法人「森友学園」(大阪市)が運営する幼稚園の立ち入り調査に入った。府は、補助通水管金を不正に受給したなどの疑いがあるとみて、学園の籠池泰典氏(64)らから事情を聴く。【写真】森友学通水管園が運営する幼稚園へ立ち入り調査に入る、大阪府教育庁の職員ら=31日午前8時59分、大阪市淀川区、遠藤真梨通水管影 府教育庁はまた、学園側が小学校設置を目指して提出した契約書3通の建築事業費の金額が違う理由や、通水管籠池氏の経歴などについても説明を求める。 調査は今月21日に実施する予定だったが、籠池氏側が国会で通水管証人喚問を理由に延期を申し入れ、日程調整していた。■松井知事、調査結果踏まえ刑事告訴するか判断通水管 学校法人「森友学園」(大阪市)が運営する幼稚園への立ち入り調査をめぐり、大阪府の松井一郎知事は3通水管1日午前、府教育庁の調査結果を踏まえ、学園側を偽計業務妨害容疑などで刑事告訴するか最終判断する考えを示した通水管府庁で記者団に語った。 松井知事は、立ち入り調査で建築事業費が異なる3種類の契約書が存在する理由な通水管どを確認すると説明。虚偽があった場合、「司法に判断を仰ぐような形になる。事実を明らかにしたい」と述べた。