読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|籠池氏、補助金不正認める

学校法人「森友学園」(大阪市)が運営する幼稚園が補助金を不正受給した疑いがあるとして、大阪府は31日、同園の籠池(通水管かごいけ)泰典氏に立ち会いを求め、同市の「塚本幼稚園」を立ち入り調査した。大阪市も同日、系列保育園を調査。市による通水管、籠池氏は保育園で、専門の栄養士を配置した場合に支給される運営補助金計約250万円を不正に受給していたことを認め、通水管全額を返還する意向を示したという。籠池氏が不正受給を認めたのは初めて。 保育園は、籠池氏が代表の社会福祉法通水管が運営する大阪市の「高等森友学園保育園」。市によると、同保育園はアレルギー対応を担う専従の栄養士を配置した場合、年通水管126万円が支給される制度を使い、平成27、28年度に計252万円を受給していた。 しかし、籠池氏は市の調通水管査に対し、栄養士は主に塚本幼稚園で勤務しており、受給要件を満たしていなかったと認めたという。 一方、府は森通水管学園が運営する塚本幼稚園への立ち入り調査の結果、専任教員の人件費の補助金算定根拠となる資料が十分に示されなかったと通水管明らかにした。 籠池氏の妻の諄子(じゅんこ)氏は幼稚園の副園長も務め、関係者によると、他にも幼稚園と保育園通水管教員名簿の記載内容が一部重複する疑いがある。府は、不正受給の可能性があるとみて近く職員の聞き取りを実施する方針。