通水管|<米国>保護主義政策始動

貿易赤字削減を掲げるトランプ米政権の保護主義的な通商政策が本格始動する。トランプ大統領は31日、日本や中国など対米黒字国を対象に黒字の原因分析を命じ通水管る大統領令に署名する。これを武器に通商交渉や制裁関税で圧力を強める構えだ。 「多くの国が自由貿易を唱えるが、実際には米国よりずっと保護主義的通水管だ」。ロス商務長官は30日、貿易相手国の「不公正」をあぶりだす考えを表明した。国家通商会議(NTC)のナバロ委員長も「雇用や工場を国外に持ち去る不公通水管正な貿易に対処する」と赤字削減に意欲を示した。 商務省と米通商代表部(USTR)が3カ月後に分析結果をトランプ氏に報告する。北米自由貿易協定通水管(NAFTA)や日本を含む2国間交渉を有利に進め、反ダンピング(不当廉売)関税など不公正貿易への対抗措置を正当化する「根拠」にする狙いがあるとみられ通水管る。 具体的には、市場で相手国通貨が対ドルで過小評価されていないか、規制など関税以外の貿易障壁を設けていないかを国別・製品別に分析。輸出補助通水管金やダンピングの有無▽既存の貿易協定▽世界貿易機関(WTO)協定▽(鉄鋼製品などの)過剰生産--が貿易赤字につながっているかも検証する。対米黒字が多通水管い中国や日本、ドイツなどが調査対象になる見通しだ。「為替操作」をしているかどうかは財務省が別に判断するが、通商政策と為替水準を結びつけ、通貨安が続け通水管ば是正を求める可能性がある。 4月6、7日には米南部フロリダ州で米中首脳会談が行われる。トランプ氏は会談開催を発表した半日後の30日夕、「(通水管会談は)非常に困難なものになる。米国はもう巨額の貿易赤字や失業に耐えられない」とツイッターに投稿し、通商問題で中国との衝突も辞さない姿勢を示した。