読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|失業率22年ぶり2%台に改善

2月の経済統計が31日、出そろった。完全失業率が1994年12月以来、22年2カ月ぶりに2%台に改善、全国消費者物価指数も1年10カ通水管月ぶりの水準に上昇した。ただ、雇用の回復は非正規が中心で、原油高要因を除く物価の基調は弱い。家計支出の低迷は続いており、賃金上昇を伴通水管ない「悪い物価上昇」が常態化する懸念も高まる。 総務省が発表した2月の完全失業率(季節調整値)は、前月比0.2ポイント低下の通水管.8%で、2カ月連続で改善。求職者1人当たりの求人数を示す有効求人倍率も前月と同じ1.43倍で、バブル末期の91年7月以来の高水準を通水管維持した。 だが、2月の非正規労働者数は2005万人で、労働者の37.1%を占める。完全失業率が2%台だった22年前と比べる通水管正社員は400万人減少する一方、非正規は1000万人増えた。正社員化や賃上げなど非正規雇用の改善はまだみえない。 総務省が発通水管した全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、前年同月と比べて0.2%上昇の99.6で、2カ月連続のプラス。ただ、品目別では灯油が29通水管.8%、ガソリンが15.8%それぞれ上昇するなど、エネルギー価格の高騰が顕著だ。 物価上昇による消費減退の動きも目立つ。総務通水管によると、2月の1世帯当たりの消費支出は、物価変動を除いた実質で前年同月比3.8%減少。ガソリン支出や自動車購入が減り「交通・通信」通水管7.4%減った。同省は昨年2月がうるう年で1日多い影響があると分析するものの、消費の基調判断は「弱い動きが見られる」と据え置いた。