読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|2月の京都府内求人1・45倍

京都労働局が31日発表した京都府内の2月の有効求人倍率(季節調整値)が1・45倍と、1973年6月以来の高水準に達した。同局は雇用情勢の判断を9カ月ぶりに上方修正し、最通水管高の評価となる「着実に改善が進んでいる」とした。一方で深刻化する人手不足に対応するため、運輸や建設などの重点業種向けの相談を強化する方針も示した。 「リーマンショッ通水管ク後は求職相談に2時間待ちもあったが、今は待ち時間ゼロ」。ハローワーク西陣(京都市中京区)の藪下茂特別支援部長は、雇用情勢の回復ぶりをそう表現する。パソコン端末が並ぶ求通水管人確認コーナーは空き席も目立つ。 同局によると、有効求人倍率は、有効求人数(季節調整値)が5万9436人と過去最多となった一方、有効求職者数が減ったため上昇した。滋通水管賀県は1・21倍で、全国平均は1・43倍。近畿では大阪府が京都府と同じ1・45倍だが、前月より0・01ポイント低下しており、京都の好調ぶりが際立っている。 背景には通水管、円安による輸出型企業の業績回復や訪日外国人観光客の急増などがある。2月の新規求人数をみると、製造業は加工用機械やセンサー会社などからの求人が多く、前年同月より25・5通水管%増加。市内はホテル計画が相次ぐため、建設業も16・0%伸びた。 企業からは「昼夜交代勤務の工場だが、昼勤務だけで良いので人材がほしい」「事務職の求人でも、土曜勤務通水管があるだけで応募がこない」との声が寄せられるという。採用難で、事業縮小する例も出始めている。 特に人手不足が顕著なのは福祉や医療、保育、建設、警備、運輸で、各業界向通水管けに同局は24日からハローワーク西陣に「人材確保対策コーナー」を設置する。事業所には賃上げや勤務条件の改善を促し、求職者にも業種の魅力をアピールしてマッチングを図る。通水管 同局の井内雅明局長は「多様な正社員制度の導入や長時間労働の抑制などで求人内容を魅力的なものにすれば採用につながる」とし、人材確保には働き方改革が不可欠だとした。