読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|808、DTM、MIDIを生んだ梯郁太郎氏が死去

日本の電子楽器メーカー、ローランドの創業者である梯郁太郎氏が4月1日に87歳で亡くなった。記事執筆時点で梯氏の所属する会社、団体からの通水管発表はないが、ゴダイゴのドラマーでローランドとの関係が深かったトミー・スナイダー氏のFacebook投稿を基にした追悼記事がBillb通水管oard、BBCなどで公開され、音楽関係者からの悲しみのツイートが相次いでいる。【MIDIについて語る梯氏の画像】 梯通水管郁太郎氏は戦後、時計の修理からラジオの修理、さらにオルガンの開発を始め、楽器製造メーカーのACE TONEのブランドで知られるエース電通水管工業を設立し電子オルガンやリズムボックスを開発。その後出資者とのトラブルによりそこから新たにローランドを創業した。 ローランド通水管では国産としてはコルグと並ぶ初期段階でシンセサイザーの開発に成功。モノフォニックシンセサイザーのSHシリーズ、MOOGの大型モジュラー通水管に匹敵するSYSTEM-700、アナログポリフォニックシンセの傑作JUPITER-8などを世に送り出した。 その後、梯氏はデジ通水管ルへの移行を決断。コンピュータ技術を電子楽器に導入して、ACE TONE時代からのリズムボックスをTR-808に代表されるドラムマシン通水管として完成させる。このモデルは後に、ヒップホップの誕生やポップミュージック、EDMに大きな影響を与えた。2015年にはTR-808が音通水管楽界に与えた影響をドキュメンタリー映画化した「808: The Movie」が公開された。現在ではApple Musicで視聴可能。