通水管|ミニストップが女性客囲い込みへ、日配品

ミニストップが女性客囲い込みへ、日配品・小容量品を拡充 ミニストップは、女性顧客の獲得を意識した商品政策を進める。冷凍食品やサ通水管ラダ、豆腐といった店舗に毎日配送される「日配品」を増やすほか、小容量の商品を拡充する。現在、同社の購入顧客に占める女性の割合は約2割。通水管品政策を通じて、これを4―5割程度に高めたい考えだ。女性顧客は店頭で日用品など商品全体に目配りするため、買い上げる点数が男性顧客と比べ通水管て多いという。日配品や小容量の商品を充実し、スーパーマーケットの代替といったニーズを狙い囲い込む。 ミニストップは日常的に使う通水管品で食い込むことができれば、女性が固定客となる傾向が強いと見ている。同社は新たな店舗を中心に冷蔵、冷凍ケースの大型化を進めており、品ぞ通水管え拡大につなげる。2018年2月期は日配品を50品目、冷凍食品を15品目増やす。 弁当は、米飯の量を通常の約4割程度に減らした通水管り、野菜の量を増やしたりして、小容量を好む女性の需要を意識した商品を出す予定だ。 働く女性の増加で、簡単に調理ができる総菜や、通水管凍食品などのニーズが高まっている。男性は目的の商品のみを買う人が多いのに対し、女性は店内を巡って買い上げ点数を増やす傾向にある。通水管 ミニストップは16年12月に、現金払いでポイントをためることができるイオングループのサービス「ワオンポイント」を国内全店で導入した通水管コストに敏感な女性の来店増につながっているという。ミニストップはワオンポイントの利用履歴を分析し、マーケティングに生かす考えだ。