読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|ぐっちー「シンガポールのナイトタイムエコノミクスがすご

経済専門家のぐっちーさんが「AERA」で連載する「ここだけの話」をお届けします。モルガン・スタンレーなどを経て、現在は投資会社でM&A通水管などを手がけるぐっちーさんが、日々の経済ニュースを鋭く分析します。*  *  * シンガポールにいるので先週の種明かし。プ通水管レミアムフライデーなんてつまらんものはやめてこっちのほうがはるかにいいだろうという企画。その名もLadies night!! 通水管水曜日は女性客の飲み代がタダになってしまうのです。もう毎週水曜日のシンガポールの夜は大変なことになっています。クラブとかはチケット制で通水管10杯までタダとかにしている所もありますが(10杯飲んだらどうなるんだ!?)、普通のお店は、ビール、カクテルあたりまでは無制限の所もた通水管さんあります。 もちろん、ただ飲んでいるわけにもいきませんので、いろいろ頼むことになりますが、見ているとだいたい男性のグループ通水管(4、5人)が気に入った女の子たちに食べ物を頼んであげるという感じです。また、共働きが基本の当地では奥様やガールフレンドが一番しんどい通水管水曜日に発散して帰ってくるので、ちょうどよいとか……(笑)。 さすがに、したたかなシンガポール政府で、日本の役人にはまねできま通水管せん。シンガポール政府の役人には「がり勉」「成績優良」タイプはあまりいない。平たく言うと、金があって世界中で遊びまくった変なやつが役所通水管に多数雇われているので、こういう発想に至るわけです。これぞ「ナイトタイムエコノミクス」でありまして、アベノミクスの数倍強力なのです。