通水管|新入社員の「さすがに非常識すぎる」行動7選

いよいよ新年度。この春から社会人となる新入社員諸君にとっては、入社早々失敗したくないと、緊張した日々を送っている人も多いことだろう。■学生気分の今だ通水管からこそ、やらかしてしまいがち ​「遅刻をしないよう、余裕を持って出社する」「清潔感のある身だしなみを心がける」「提出書類や印鑑などの忘れ物に気をつ通水管る」といった最低限のことには当然、気をつけているだろうが、その他にも、学生気分が抜けきらないこの時期だからこそやってしまいがちな非常識なミスがある。人事の経通水管がある識者や20代の先輩ビジネスパーソンに話を聞くと、そんな失敗例が続々と出てきた。さすがにこれはダメ!な7つの行動とは? 新人のミスは大目に見通水管てもらえるものだが、あまりに非常識なことばかりしていると、さすがに上司や人事に悪い印象を与える。以下、反面教師としてご紹介しよう。NG行動1 研修中通水管寝たり、お菓子をつまんだりしない 多くの会社では、入社直後に何らかの研修をおこなうはず。ここで教わることは重要なことばかりだが、長時間の座学に耐えら通水管なくなる人もいるようだ。 『仕事も人間関係もうまくいく!  マナードリル』(総合法令出版)著者である亜細亜大学非常勤講師の関下昌代さんは、以前、企業通水管の新入社員研修に携わるなかで、そんな新入社員を見てきたという。 「よく見るのは、堂々と居眠りを始める人。さらには研修中に、机の中からゴソゴソとお菓子通水管出して、食べ始める人もいました。注意したら、『え、だって、小腹が空いたので』と悪びれずに答えられたことも(笑)」(関下さん)。居眠りも間食も、物事を教わる人通水管態度ではない。研修とはいえ、勤務時間のうちだし、給料も支払われる。大学では許されていたとしても(本当はNGだが)、そうしたことをするのは絶対にNGだ。