通水管|実行犯はキルギス出身の男か ロシア地下鉄爆破テロ

ロシア第2の都市サンクトペテルブルクの地下鉄で起きた爆破テロ事通水管件で、地元メディアは実行犯とみられる男がキルギス共和国出身でロ通水管シア国籍の男だと報じました。 ロシア24は実行犯とみら通水管れる男について、1995年生まれのキルギス共和国出身でロシア国通水管籍のアクバルジョン・ジャリロフと報じました。この爆破テロ事件は通水管3日午後2時半ごろ、サンクトペテルブルク中心部を走っていた地下通水管鉄の車内で起き、タス通信によりますと、これまでに11人が死亡、通水管45人がけがをしました。 現場にいた日本人駐在員:「地下鉄通水管の出口は規制線が張られていて、周りは騒然としていた。地下鉄が完通水管全に止まっていて、バスに乗って帰る人がすごい列になっていた」