通水管|人手不足インフレになる? ヤマトに続くのは

 デフレしか知らない平成世代には初耳かもしれないが、インフレは2種類に大別できる。 ディマンド・プル型と、コスト・プッシュ型だ。通水管 景気が良く、消費など需要(ディマンド)が盛り上がり供給を上回ると、売り手市場になった財やサービスの値上げが通りやすくなる。前者のディマンド通水管プル型のケースだ。 原油価格が高騰すると、好況不況にかかわらずガソリンの小売価格が上がるのは後者のコスト・プッシュ型。賃上げなどの労務通水管コスト増が価格に転嫁されるケースも考えられる。 消費は冴えず、ディマンド・プル型は起きそうにない。だが、バブル期以来という有効求人倍率通水管高さが示す「人手不足」が、コスト・プッシュ型物価上昇の引き金になるかもしれない。 「まさか」と思う人もいるだろう。確かに春闘は、ベース通水管ップの減速が伝えられる。だが、15日の集中回答日に示されたのは、自動車、電機など製造業大手の正社員向けが中心だ。非製造業、中小企業、非正規勤労通水管者などの世界では、別の風景が広がる。 ヤマト運輸は、前年を上回る賃上げに加え、宅配便受け入れ総量の抑制、時間指定サービスの縮小などで労通水管が合意した。ネット通販荷物の急増で、人手が足りず、従業員が長時間労働を強いられている背景がある。秋までに宅配便基準料金の27年ぶりの値上げを実通水管施、アマゾンなど大口顧客とも値上げ交渉に入る。 東京ディズニーランドなどを運営するオリエンタルランドは、アルバイトなど非正規の待遇改善通水管加速している。これまでのアルバイト時給上限の引き上げや、契約社員の正社員化などに加え、4月1日から約2万人いる非正規従業員を労組員に加える。