通水管|サリンか、毒ガス攻撃調査

【ベルリン時事】シリアの人権問題などを担当する国連の独立調査委員会は4日、声明を出し、シリア通水管北西部イドリブ県の反体制派支配地域で行われた毒ガス使用が疑われる攻撃について、調査を開始した通水管とを明らかにした。  米政府関係者はロイター通信に対し、猛毒の神経ガスであるサリ通水管が使われたとの見方を示した。アサド政権側の部隊が実行したことは「ほぼ確実だ」という。現地の保通水管当局高官も「戦闘機がサリンと塩素とみられるガスで攻撃した」と述べた。 一方、アサド政通水管軍は「(化学兵器は)一度も使ったことがない」と強調し、攻撃への関与を否定した。攻撃では死者が通水管100人以上、負傷者が300人に達するという情報もあり、真相究明を求める国際社会の声が強まっ通水管いる。 調査委員会は、負傷者が治療を受けていた病院に空爆があったと伝えられた問題でも通水管報収集を開始。攻撃を強く非難し、「化学兵器の使用と医療施設の意図的な攻撃はどちらも戦争犯罪に通水管る」と指摘した。その上で、攻撃の実行者を突き止め、責任を追及することが不可欠だと訴えた。