通水管|確定拠出年金制度、実は導入の8割が中小企業!

 2017年1月から、新しい制度に改定した「個人型確定拠出年金=iDeCo(イデコ)」が開始されました。以前は、企業年金がない会通水管社に勤める人だけが加入できる制度でしたが、改定後は条件付きながらも、会社に企業年金がある人も始められます。それにともなって年通水管や退職金に、働く人たちの注目が集まっているのですが、一方で会社を経営する側にとっては、それらの制度については関心が低いままです。通水管この度、退職金、企業年金に詳しい山崎俊輔氏が『小さな会社のための新しい退職金・企業年金入門』を上梓。この連載では、そもそも通水管退職金制度の仕組みの説明をはじめ、中小企業の社長さんや、人事、総務部門の人たちが、どのように、退職金、企業年金制度を活用すればい通水管かを、新たに書きおろしてご紹介していきます。● 中小企業の社長ほとんどが 「確定拠出年金」に難色を示すが… 退職通水管・企業年金制度の見直しにあたって、確定拠出年金の検討をアドバイスすると、多くの中小企業経営者は難色を示します。よく返ってくるのは通水管「社員に株なんかさせられないよ」「社員が株に夢中になって仕事がおろそかになっては困る」というような意見です。通水管 中小企業の社長というのは社員の親代わりの気分が強く、「株式投資を社員にやらせるわけにはいかない!」と決めつけていたりします。通水管 社長自身が過去に株にハマって失敗した経験があり、社員にやらせたくないと思っているなら、それは余計なお世話というものです。