通水管|保育所落選5万3000人…1次選考の28%

 今年4月からの認可保育施設への入所を決める1次選考で、東京23区通水管と全国20の政令市で少なくとも5万3000人が「落選通知」を受け取通水管、「落選率」は28・1%に上ることが、読売新聞社の調査でわかった。通水管 特に保育所の利用希望が多い東京23区のうち9区で、40%通水管超えた。2次選考を行う自治体も多く、全員が待機児童になるわけではな通水管いが、職場復帰できるかどうかわからないまま、保護者が保育所探し(保通水管)に苦労している実態が浮かび上がった。 調査は3月末にアン通水管ケート形式で実施し、全自治体から回答を得た。 未集計の3自通水管体を除く40自治体で、約19万人の申し込みに対し5万3346人に落通水管選を通知した。落選率が最も高かったのは東京都台東区の51・9%。