読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|駐韓大使、3カ月ぶり帰任=少女像撤去働き掛けへ

【ソウル時事】韓国・釜山の慰安婦少女像設置への対抗措置として一時帰国していた長嶺安政駐韓大使は通水管4日夜、金浦空港着の民間機でソウルに戻り、約3カ月ぶりに帰任した。繰り返される歴史=元通水管統領、腐敗で追及-韓国 近く黄教安大統領代行(首相)と面会し、2015年12月の慰安婦通水管題に関する日韓合意の着実な履行と、次期政権への継承を要請する。 長嶺氏は同空港で記者団通水管対し、「安倍晋三首相、岸田文雄外相の指示を踏まえ、早速、黄代行らに会い、日韓合意の実施を強く求通水管ていく」と表明。「北朝鮮問題をはじめ、日韓が協力していくことは極めて重要だ。5月9日の韓国大統通水管領選挙も見据え、日本大使として全力を傾け、しっかり対応していく」と語った。 日本出発に通水管立ち、長嶺氏は4日午前、首相官邸で安倍首相に帰任を報告。首相は日韓合意履行を黄氏に促すよう指示通水管た。 政府は、ソウルの日本大使館前に続いて釜山総領事館前に少女像が設置されたことに抗議通水管るため、1月9日に長嶺氏と森本康敬総領事を一時帰国させた。森本氏も4日午後、釜山に戻った。