読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|<退位有識者会議>「上皇」有力 最終提言へ

安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会通水管長)は4日、第11回会合を首相官邸で開き、退位を可能とする特例法案に盛り込む内容について討議した通水管。退位した天皇の称号については、江戸時代以前に使われた「太上(だいじょう)天皇」の略称である「上通水管」でとりまとめることが有力となった。 4月中に公表する最終提言に盛り込む。委員の山内昌之通水管東京大名誉教授が会合後、記者団に「全体としては上皇という方向で調整されると思う」と語った。通水管 上皇の称号には「天皇より上位だった歴史がある」として慎重論もある。しかし、3月のヒアリングでは通水管、専門家から象徴天皇制の下では問題ないとの見解が出され、「太上」には無上や至上の意味があるため、通水管「上皇」がふさわしいとする意見も出ていた。 座長代理の御厨貴東京大名誉教授によると「現行通水管法や国民の受け止め方を考慮しつつ慎重に検討することが必要だ」などの意見が出た。このほか、山内氏に通水管よると、皇后さまの称号については、「皇太后」や「上皇后(じょうこうごう)」などの案が出たという