通水管|北朝鮮メディア 弾道ミサイル発射を報道せず

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が5日、東部の咸鏡南道・新浦付近から東海に向けて弾道ミサイル通水管を発射したことについて、北朝鮮メディアは6日までに報道していない。 北朝鮮は金正通水管恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が指示した主要兵器の実験が成功した場合は通常、翌日通水管に関連事実を報道し、技術の進展を誇示してきた。 このため、5日の弾道ミサイル発射通水管失敗に終わった可能性があるとされる。 韓米両軍は北朝鮮が発射したミサイルの初期分通水管析の結果、中長距離弾道ミサイル「北極星2」(米国側の呼称は「KN15」)と推定した。だが通水管、飛行距離が約60キロと異常に短く、成功したか失敗したかについては「分析中」としていた。通水管極星2ではない可能性があるとの見方も出ている。 ただ、米中首脳会談(6~7日)を通水管けん制する狙いで発射実験に踏み切ったものの、両国を過剰に刺激することを意識し、発射実験に通水管ついて詳しく報じていないか、金委員長が視察しなかったため、報道しなかった可能性もある。