通水管|ほぼ全てが抽選形式になった

追手門学院大学で大半の科目が抽選形式になったことをうけ、ネット上では大学への批判が相次いでいる他、「学生が教務課に爆竹を通水管投げ込んだ」とするデマが広まるなど、混乱が続いている。【ネット上における不確実な情報について(追手門学院大学)】通水管 同大学では2017年度から必修以外の全科目が基本的に抽選形式になり、大学のシステムは履修登録期間中にもかかわらず通水管アクセスが殺到しサーバダウン。ネット上では多数の抽選科目で落選した学生による不満が書き込まれ、中には「死ね追手門学院!」通水管学費返せよ」「追手門クソすぎて焦る」などのコメントも見られた。 同大学広報課に問い合わせたところ、今回の騒動の原通水管について「抽選登録の期間にサーバが落ちたため、期限までに登録できない学生がいたことが発端と思われる」と説明。単位の取得を通水管危ぶむ学生が多いことについては「追加の抽選を行うが、それはシステム上ではなく対面で行う。募集追加を続け、単位は取れるよう通水管する」としている。 なお「爆竹が投げ込まれた」とするウワサについては、同大学のサイトでも否定されている。ウワサが通水管広まった理由については「隣にある神社でお祭りが行われており、花火が打ち上がった。その音を聞いた学生が『爆竹でも投げ込まれ通水管んじゃないか』と冗談で言うなどして広まったのではないかと推測している。爆竹については教務課の誰も見ていない」と語った。