読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|午前中の授業4時限⇒5時限に

午前中の授業を4時限から5時限に増やす小学校が増えている。福岡市では2016年度までに約2割が実施しており、新学期か通水管ら少なくとも4校が導入。福岡県うきは市でも取り入れる学校がある。各時限の合間の休み時間を一部ゼロにし、登校時刻も前倒通水管しして児童と教員に放課後のゆとりを生み出す。2020年度の新学習指導要領に伴う授業時間増にも備える。⇒小学校通水管の時間割、なぜこんなに変わる? 「先生たちの働き方改革なんです」。本年度から午前中5時限にする愛宕浜小(福岡通水管市西区)。森宏介校長(59)は打ち明ける。 小学校は1時限(1こま)が45分間。毎朝午前8時半から読書などに通水管てていた「朝タイム」を「朝の会」に改め、10分前倒し。合間の休み時間(昼休みなどを除く)も0~5分にする。「実際はト通水管イレ休憩や体育の着替えの時間を随時取ることになる」(森校長)見通しだが、6時限まである日の下校時刻は25分早まる計算通水管だ。 授業自体は勤務時間内に終えても、その準備や保護者対応で残業が常態化している教員たち。森校長は「わずかで通水管も勤務時間内に教材に目を通す時間を増やしたかった」と狙いを語る。 家庭訪問などで昼までに授業を終える日もあり通水管、5時限にすれば消化授業数を増やすことが可能。教員が午後から出張する場合、これまで自習に充てていた時間も減らせる。