読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|米、シリア政権に軍事攻撃

米メディアによると、米軍は6日夜(日本時間7日午前)、シリアの軍事施設を標的に巡航ミサイルを発射し、通水管アサド政権への軍事攻撃を行った。 少なくとも巡航ミサイル60発を撃ち込んだ。シリアで起きた化通水管兵器によるとみられる攻撃で多数の死傷者が出たことを受けた対抗措置とみられる。 米テレビによれ通水管ば、地中海上の米駆逐艦2隻から、巡航ミサイル「トマホーク」が発射された。標的はホムス県にある飛行場で通水管ロイター通信は「滑走路と航空機、燃料設備」を狙ったと報じた。 ロイター通信によると、トランプ通水管米大統領は軍事力行使を受け、「化学兵器攻撃の拠点となったシリアの飛行場に軍事攻撃せよと命じた」と語っ通水管。一方で、シリア国営テレビは「米国は多くのミサイルを使い、シリア軍事施設を狙って侵略した」と伝えた。通水管 米CNNテレビは6日、米政府はシリア攻撃を各国に事前通告したが、ロシアには通告しなかったと通水管じた。 これまで米国はシリア内戦で、過激派組織「イスラム国」(IS)などテロ組織の掃討作戦を通水管進める一方、アサド政権に対する攻撃は避けてきた。今回のミサイル攻撃により、内戦が新局面を迎える。