読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|40代以上が8割、「おとな化」社会からロングセラ

お菓子市場のターゲットは子どもから大人の市場へ戦略転換 現在、日本の総人口は約1億2000万人。そのうち最も多い年代は40代と60代通水管で団塊の世代とその子ども(団塊ジュニア)である。 日本の平均年齢・中央値は46歳になる。年代別で見ると、数字に変化がでる。50代以上通水管人口は現在約5800万人で大人の半数を占めるが、3年後には約6000万人に増え、大人の10人に6人は50代以上になる。 40代以上で通水管現在約7600万人、これが20年には約7800万人に増え、大人の10人に8人となる。 高齢化というと、年をとった老人が増えると想像し通水管ちであるが、実は急速に進んでいるのは、40代以上が大人の8割という社会全体の大人化なのである。 近頃は従来子ども向けやフャミリー向け通水管った商品やサービスに大人向けが増えている。かつては子ども向けとされたお菓子だが、近年はプレミアム感を打ち出した大人向けのお菓子が注目されてい通水管る。 ちょっと値段が高くても、品質がよく、おいしいものを食べたいという大人のニーズが、お菓子市場の拡大に繋がっている。 最近通水管ロングセラー商品を「大人化」した商品が増えている。明治の「大人のきのこの山・たけのこ里」不二家の「カントリーマアム(大人のバニラ・ココア)、通水管スレの「キットカットミニ大人の甘さ」など、各メーカーが定番のお菓子を次々と大人向けへ展開している。 お菓子市場のターゲットは子どもか通水管大人の市場への戦略転換である。 博報堂新しい大人文化研究所では、40―60代を“新しい大人世代”と呼び、調査研究を行っている。