通水管|エイバル乾、安倍首相主催の夕食会でPR活動

クラブは乾の知名度を再確認 東京でエイバルサポーターとも会合 エイバルのMF乾貴士は今季初ゴールをマークし通水管た現地時間1日のビジャレアル戦後、スペイン国王の来日に伴って6日に開催された安倍晋三首相主催の夕食会に出席するため通水管一時帰国した。クラブはこの様子を公式サイトで配信し、関係者も日本での“PR活動”に励んだとしている。【一覧通水管】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」 難敵ビジャレアル撃破の原動力となった乾はクラブ通水管意向もあって、6日のラス・パルマス戦(乾は累積警告で出場停止)、9日のセルタ戦の2試合を欠場することになった。クラ通水管ブとしては日本での乾の高い知名度を再確認している模様だ。「エイバルのタカシ・イヌイは首相主催のレセプション通水管出席するため母国、日本にいる。そして今回はエイバルが日本のファンとより密接な関係を築けるようにと、クラブのマネージ通水管ャーであるパトリシア・ロドリゲスが、東京にあるエイバルのサポーターグループと会合した」 そこでは乾が快くサ通水管ンに応じた様子やファンと触れ合ったことを伝えた。それと同時にレセプションについても言及し、「エイバルは当クラブに興通水管味を持っている日本企業と接触しており、今回の日本への旅は今季の目的の一つ、クラブの国際化の追求です」としている。