読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|自民県連、辺野古移設を容認

自民党沖縄県連は8日、那覇市で県連大会を開き、米軍通水管普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を容認す通水管と決定した。 これまで県内の異論に配慮し、通水管「あらゆる可能性を追求」との表現にとどめていたが、通水管度を明確化。移設に反対する翁長雄志知事との対立が鮮通水管明になった。 大会では、「普天間飛行場の危通水管を除去するため、基地の機能移転と訓練の分散移転を図通水管りつつ辺野古移設を容認」と明記した政策報告を了承し通水管。米新型輸送機オスプレイについては、「県外への分散通水管配備や拠点基地の本土移転に取り組む」と強調した。