読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|<米、シリア攻撃>「惨状」決断の引き金

 シリアのアサド政権に対する初めての軍事攻撃に6日に踏みきり、世界に衝撃を与えたトランプ米大統領。その決断に至る経緯が明らかになった。シリア北部イド通水管リブ県で化学兵器を使ったとみられる空爆があったことを4日午前に知ってから、攻撃まで2日半。その間、極秘に国家安全保障チームや閣僚との協議を重ね、6日通水管後にシリアの空軍基地への「1回限り」の攻撃を命令した。スパイサー大統領報道官と米軍高官の証言などから、決断までの状況を再現した。【写真特集】通水管駆逐艦、トマホークミサイル発射の瞬間 ホワイトハウスの大統領執務室「オーバルオフィス」では4日午前10時半、毎朝恒例の国内外の情勢報告が始ま通水管った。トランプ氏はこの場で、国家安全保障局(NSA)や中央情報局(CIA)の担当者から、シリア軍によるとされる化学兵器使用の説明を受けた。スパイサー通水管は、報告直後のトランプ氏の様子を「惨状に非常に心を乱された様子だった」と説明する。 北部イドリブ県ハンシャイフンでは、猛毒の神経ガス・サリン通水管みられる化学兵器で80人以上が犠牲に。米紙ワシントン・ポストによると、トランプ氏はとりわけ、空爆直後の二つの映像に心を揺さぶられた。一つ目は、子供が通水管力なく地面に横たわり、民間の救助隊員に水で洗い流される様子。もう一つは、死亡した双子の幼児が白い布にくるまれ、若い父親に抱きかかえられているシーンだ通水管 翌5日正午過ぎ、トランプ氏は化学兵器使用について、記者団の前で初めて口を開いた。「罪のない子供や赤ん坊を化学兵器で殺すような行為は、レッド通水管イン(越えてはならない一線)をいくつも越えている」。それまでアサド政権を追認する姿勢をみせていたトランプ氏は「考えは大きく変わった」と語気を強めた