読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|逮捕の男が実行犯か=トラック突入―スウェーデン

AFP通信によると、スウェーデンの首都ストックホルム中心部の繁華街でトラックが人混みに突入した事件で、警通水管察当局者は8日、テロ容疑で逮捕された男がトラックを運転した実行犯の疑いが強いとの見方を示した。 通水管 警察は男の身元について、39歳のウズベキスタン出身者で、スウェーデンの情報機関による「過去の情報収通水管集の中で名前が挙がったことがあった」と発表した。 また、犯行に使われたトラック内で不審な機器が見通水管つかったとし、爆弾かどうかなど詳細を調査中であると明らかにした。 検察当局は8日未明、事件に関係通水管した疑いで7日にストックホルム北部で拘束された男を「殺人によるテロ容疑」で逮捕したと発表したが、この容疑通水管者がトラックを運転した男かどうかは明らかにしていなかった。 警察は現場近くの監視カメラに映ってい通水管た人物の写真を公表しているが、警察当局者はAFP通信に、写真の男が容疑者と同一人物の可能性があると指摘し通水管た。 事件では、男が歩行者天国をトラックで暴走して多数の人をひき、警察によれば4人が死亡、15人通水管が負傷した。トラックはデパートの壁面に突っ込んで止まったが、運転していた男は現場から姿を消していた。