通水管|アサド大統領は化学兵器使用を命じていない?

【AFP=時事】シリア政府による化学兵器使用疑惑をめぐり欧米諸国が非難を強めるなか、解けない疑問が残っている。ロシアの支援を受けて内戦で相通水管次いで勝利を収め、外交の舞台にも復帰し始めたバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権がなぜ化学兵器攻撃に踏み切ったのか。通水管【関連写真】被害者が語る惨劇 ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は4日の「恐ろしい化学兵器攻撃」にシリア政通水管府が「直接関わっている」と述べた。同攻撃では子ども27人を含む少なくとも86人が死亡した。 しかし、アサド政権がなぜ化学兵器攻撃を命通水管じたのか、そしてアサド大統領にどれほど近い人物らが関与したのかは不明なままだ。 中東・北アフリカ地域を専門とするコンサルティング企業通水管ェイク・グループ(Shaikh Group)の創業者兼最高経営責任者(CEO)のサルマン・シェイク(Salman Shaikh)氏は「(今回通水管の件は)類例がないわけではない。彼らはかなり前からやっている」と指摘。アサド政権は欧米諸国の「出方を見るために」化学兵器攻撃を行ってきたとい通水管う。 シェイク氏によれば、今回は大統領の弟で、強い権力を持つマーヒル・アサド(Maher al-Assad)氏をはじめ政権上層部が「通水管パニックに陥っている」兆候がいくつもあり、彼らの承認なしに化学兵器攻撃が実行された可能性がある。 英王立防衛安全保障研究所(RUSI通水管)のマルコム・チャルマース(Malcolm Chalmers)氏は、化学兵器攻撃は「私たちが繰り返し見てきたパターン」の一部だと語る。