通水管|生みの親の情報、養親の4割が「不十分

養子、養親ともに9割以上が縁組家庭での養育について「よかった通水管」と捉えている一方、養親の4割は生みの親などに関する情報が不通水管十分だと思っていることが、養子縁組した子がいる家庭を対象に生通水管活状況などを聞いた日本財団のアンケート調査で分かった。通水管 同財団は「養親が支援団体などから必要な情報を得られる方法を通水管検討する必要がある」と指摘している。 アンケートは昨通水管年12月~今年1月、15歳以上の養子がいる全国の878世帯を通水管象に実施し、養親294人、養子211人から回答を得た。それに通水管よると、縁組家庭での養育について、養子の計90・4%、養親の通水管計95・6%が「とてもよかった」か「よかった」を選択した。