通水管|日米首脳電話会談

安倍総理大臣は9日午前、アメリカのトランプ大統領と電話で会談しました。 安倍総理大臣:「通水管先ほどトランプ大統領と電話による日米首脳会談を行いました。米中首脳会談直後という大変、慌ただしい通水管なかではありましたが、約45分にわたってシリアについて、また北朝鮮について率直な意見交換を行うこ通水管とができました。私からは、トランプ大統領がまさに同盟国、そしてあるいは世界の平和と安全のために強通水管コミットメントをしていくことに対して高く評価を致しました。そしてまた、北朝鮮については、中国の対通水管応を大変、注目をしていく。そして、日米が協力して対応していくことが重要であるということ。緊密に連通水管携をしていくことが大変重要であるということ。また、日米韓の結束が重要であるということについて完全通水管一致を致しました」 両首脳は、6日から行われた米中首脳会談やアメリカ軍が行ったシリアへの攻撃通水管を受けて意見交換し、安倍総理は、アメリカが「同盟国や世界の平和と安全のために強い関与をしているこ通水管とを高く評価する」と伝えました。また、北朝鮮情勢について緊密に連携していくことを確認しました。