読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|ポテチが消える?

まもなく、コンビニやスーパーの菓子売り場から数多くのポテチが消える――。大手菓子メーカーのカルビーから流通各社へ、商品の取り扱いに関する一通の文書が流れたのは3月上旬のこと。その通水管内容は“ポテトチップスの一部商品を休売する”というものだった。この背景には週プレNEWSでも昨秋報じた北海道産野菜の壊滅的打撃の影響がある。カルビーの広報担当者がこう話す。通水管「昨年8月末の北海道台風の影響で原料(北海道産ジャガイモ)の調達が間に合わず、4月から一部商品を休売させていただきます」同社は“一部”というが、休売商品は結構多い。定番品ではポテ通水管チップスの『フレンチサラダ』『しょうゆマヨ』『梅味』『しあわせバター味』がまもなく(4月中旬~)休売に。ロングセラーである『うすしお』『コンソメ』『ピザポテト』はビッグサイズ(1通水管35g)が同時期に売り場から消えるという。根強いファンが多い地域限定のポテトチップスでは『瀬戸内レモン味(中国・四国限定)』や明太子メーカー・かねふくとのコラボ商品『博多めんたい通水管味(九州・沖縄限定)』が、やはり休売へ。「終売ではなく、あくまで休売という措置ではございますが、現時点でいずれの商品も販売再開のメドは立っていません」(カルビー・広報)ジ通水管ガイモ不足による製品への影響は他の菓子メーカーも同様だった。湖池屋・お客様センター「3月下旬をもちまして、ポテトチップス『リッチコンソメ(全サイズ)』『カラムーチョ(パーティーサ通水管イズ)』などの商品が終売に。また、ポテトチップス『ガーリック』『のり醤油』も休売となり、現段階で販売再開のメドは立っておりません」カルビーも湖池屋も原料に使うジャガイモの約7割を通水管海道産に頼っている。その収穫期は例年9月頃。“さぁこれから収穫”というタイミングで、立て続けに道内の主産地を4つの台風が襲い、「収穫量が激減した」(JAグループ北海道関係者)。そ通水管後は「貯蔵分から原料調達を賄っていた」(湖池屋・広報)ため、台風の影響は新商品の発売延期などに止まっていたのだが、ここにきて貯蔵分が底をつき、ポテチの“一斉休売”に至ったというわけだ。