読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|日産、販売店を大規模再編…店舗を5種類に拡充

日産自動車が低迷する国内販売のてこ入れのため、販売店の大規模な再通水管編に乗り出すことが10日、わかった。 日産と傘下の販売会通水管社で2022年度までに計約1000億~2000億円を投資し、店舗通水管を現在の大中小の3種類から、ブランド発信拠点などを含めて5種類に通水管拡充する。細かなニーズに対応するため、販売戦略上の地域を200~通水管300に分ける。販売店の閉鎖などのリストラは行わず、既存店舗を衣通水管替えする。 今回の再編はブランド発信の拠点になる店舗の新通水管設が特徴で、カフェなどを併設し、試作車を展示する。日産の技術力な通水管どを周知させ、顧客開拓につなげる。家族連れが気軽に立ち寄れるよう通水管なショッピングモール内の店舗を広げることも、新たな取り組みだ。