通水管|「パナマ文書」報道にピュリツァー賞

米国の優れた報道に贈られるピュリツァー賞の授賞作が10通水管日、ニューヨークのコロンビア大学で発表され、解説報道部通水管で、各国指導者らのタックスヘイブン(租税回避地)関与の通水管態を暴いた「パナマ文書」を報じた「国際報道ジャーナリス通水管ト連合(ICIJ)」など3団体・社が選ばれた。通水管流出したパナマの法律事務所の文書をもとにしたこの報道に通水管、約80カ国のジャーナリスト約400人が国や報道機関の通水管枠を超えて取り組んだ。日本からはICIJと提携する朝日通水管聞と共同通信の記者が加わった。同賞は米国での報道が対象通水管が、授賞理由の中ではこうした国際的連携にも触れられた