通水管|「100%でっち上げ」アサド大統領が化学兵器使用疑惑を否定

シリアのアサド大統領は、フランスのAFP通信とのインタビューで、シリア軍による通水管化学兵器の使用疑惑について、「100%でっち上げだ」と全面否定しました。通水管 「100%でっち上げです。そんな兵器は持っていないし、使うこともありません」通水管(シリア アサド大統領) シリア北部イドリブ県で4日に起きた化学兵器に通水管る攻撃では、およそ30人の子どもを含む80人以上が死亡しました。これについてア通水管ド大統領は、12日、AFP通信とのインタビューで、アメリカなど西側諸国がシリア通水管を攻撃する口実にするために化学兵器の使用疑惑をでっち上げたと主張。シリア軍は数通水管前に全ての化学兵器を廃棄したとしたうえで、「たとえ持っていたとしても使わないし通水管、過去にも化学兵器を使ったことは一度もない」と述べました。 また、国連通水管どによる調査については、公平な調査のみ受け入れるとの考えを明らかにしました