通水管|民進・細野代表代行が辞任

民進党の細野豪志代表代行(衆院静岡5区)は13日、野田佳彦幹事長と国会内で会い、代表代行の辞表を提出した。【国会議通水管員情報】細野 豪志(ほその・ごうし) 憲法改正をめぐる執行部対応への不満が理由と説明した。同党では7月の東京都議選通水管前に、都連幹事長を務めた長島昭久元防衛副大臣が離党届を提出したばかりで、蓮舫代表ら執行部には新たな打撃となった。 通水管野氏は辞表提出後、執行部の対応について記者団に「『提案型政党』と言いながら憲法については消極的だ」と不満を表明。辞任の理由通水管を「憲法に対する考え方の違いだ」と説明した。離党や議員辞職は否定した。細野氏は記者団に「受理された」と説明したが、党本部に通水管ると、辞表の扱いは蓮舫氏が最終判断する。慰留はしない方針。 蓮舫氏はこの後の記者会見で、細野氏の辞任について「本人通水管判断だ」と突き放し、感情的な対立があったことをうかがわせた。長島氏の先の離党届提出と併せ、「同時期に(党内の)ちぐはぐ感を通水管見せたことは、私たちを支援している方に大変申し訳ない」と陳謝した。 細野氏は10日発売の月刊誌「中央公論」で、憲法通水管正私案を発表。この中で、教育無償化について「憲法を改正することで教育を受ける権利を拡充する」と唱えたが、執行部は「改憲は不通水管」との立場を取っており、野田氏は同日の会見で「党内で決まったことには従ってもらわないといけない」と細野氏を批判していた