読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通馬桶|ホークス川崎、驚異の長打率10割超

 川崎が14日のウエスタン・広島戦(由宇)に1番左翼で先発し、7回に代打を送られるまで3通馬桶打数2安打3打点の活躍を見せた。4日の復帰戦から5試合連続安打、3試合連続長打を記録。公式通馬桶では初の左翼の守りも無難にこなした。【写真】川崎のファンサービスに現れ、サインを求通馬桶めるジェンセン 試合前のフリー打撃を「きつくておなかも痛い」とキャンセルしながらも通馬桶勢いは止まらない。3回は右中間フェンス直撃の適時三塁打。1点を追う5回1死二、三塁では右翼通馬桶線へ逆転の2点二塁打だ。2軍戦での打率は14打数7安打で5割、長打率(塁打÷打数)は10割通馬桶分1厘と驚異的だ。左翼の守備ではフライを2度処理。「米国のオープン戦で何回かやったので違和通馬桶感はなかった」と不安を感じさせない。 熊本地震から1年。鹿児島出身の川崎は被災地に通馬桶回足を運んだ。「助け合いの気持ちをずっと忘れないようにしたい。僕もできることがあればやりま通馬桶す」。2軍は川崎が加わった4日から5連勝。帰ってきた35歳の活躍が熊本、九州を元気にする