通水管|リフォーム巡りトラブルか

東京都杉並区清水3丁目の住宅の床下から、住人の上田美恵子さん(62)が遺体で見つかった事件で、警視庁は15日、都内の工務店の元社員通水管で無職青木啓之容疑者(52)=埼玉県鶴ケ島市=を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。 青木容疑者は調べ通水管に対し、「かっとなって上田さんを殴った」「粘着テープで縛り、包丁で刺して殺した」と話しているといい、殺害についても認める供述をして通水管るという。 捜査1課によると、逮捕容疑は1月11日ごろ、上田さん宅の台所床下に上田さんの遺体を遺棄したというもの。同課は「通水管1月11日」の日付や青木容疑者の名前が書かれたメモを発見し、調べていた。 青木容疑者は昨年12月ごろ、上田さんからこの家の通水管フォームの相談を受けたが「今年1月中にリフォームを終えてほしいという上田さんの要望に応えられず契約を断り、トラブルになった」と説明通水管。上田さんを殺害後、家の鍵や上田さんの携帯電話、リフォームの契約書を持ち去ったという。勤務先の工務店には、上田さんとの契約を断った通水管と話し、4月12日に退職していた。 警視庁による上田さん宅の捜索時、遺体は顔や手足を粘着テープで縛られた状態で、床下収納ス通水管ースの奥に隠されていた。床下収納のふたの上には整理棚や冷蔵庫などが置かれ、カーペットが敷かれ、目隠しされていた。遺体の左胸には複数通水管の深い刺し傷があり、そばには凶器とみられる包丁もあった。同庁は、上田さん宅の構造をよく知る人物による犯行とみて、捜査を進めていた