通水管|水戸でひょうを観測

西日本から北日本の広い範囲で大気の状態が非常に不安定になっている影響で、この後も各地で通水管天気が急変するおそれがある。東日本は15日夜にかけて、西日本は16日明け方にかけて、落通水管雷や竜巻などの激しい突風、降ひょう、急な強い雨に注意が必要だ。 きょう15日は通水管、南風が吹いて全国的に気温が上昇したが、日本の上空には寒気が流れ込んでいるため、大気の通水管態が非常に不安定になっている。その影響で西日本や、関東を中心に積乱雲が発達し、雷雨にな通水管っている所がある。水戸では15日午後3時半にひょうを観測した。水戸でひょうを観測 通水管西~北日本で大気の状態不安定 天気の急変に注意15日夜の発雷確率。16日明通水管方にかけて落雷・突風に注意 大気の不安定な状態はあす16日明け方にかけて続き、通水管広い範囲で天気が急に悪くなるおそれがある。黒っぽい雲が近づいたり、雷鳴が聞こえたり、発通水管達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全の確保が必要だ。